<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

そこに愛はないのかい。

たぶん、ない。


本日夕暮れ国立のMOSにて。

先輩を待ちながら、手紙を書いてると、
隣で主婦の声がする。

だって聞こえるんだもん、彼女ら
気にせず喋るから。

その会話は、一人の主婦があと二人の主婦に
一方的に愚痴り続ける、という構図。


その内容たるや、
1.別居はしてるものの、いかに夫の母親(姑)が前近代的で、
  嫁たる主婦本人を実家に帰省した際に冷遇するか。
2.いかに夫が気がきかないか。
3.いかに夫はつまらないか。
→つまりはこの結婚がいかに失敗で愛がないか。
に集約され、それを永遠喋る、喋る、喋る・・・

誰もが、だったらなんで一緒にいるんだ?と思わずには
いられないほどの弾丸トーク。てか、よく他人にそこまで
家庭のグチを致命的と思えるほどまで喋れるんだか・・・

そう思ってると、案の定、一人の主婦が
「離婚しようと思わないの?」
との質問。それに対し、


主婦A「だって私パラサイトだもん」



はぁ、そうですか・・・
それはご愁傷様です。


それって
家政婦+セックスワーカー=主婦A
ってことで理解しても支障ないですよね?
あ、あと子供さんもいるようだったから
これに「産む機械」って機能も加わるのかな?

そう言われたって、
パラサイトだからどうしようもないわな。
それってヒモってことですものね。

別にそう割り切って家族やってるならいいけど、
「愛情」みたいなものに未練タラタラで、それを
他人に愚痴るのはいかがなものかと思います。


私が結婚や恋愛に理想や幻想を追い求めすぎ
なのかもしれませんが、少なくとも、私は絶対
自活できるだけの経済力は持とうと心に誓った
今日この頃。
[PR]
by kame_pcaddress | 2007-03-26 21:02

答辞。

知ってますか?


今日、私は大学を卒業しました。
今日は卒業式でした。

感傷。


フツーの日なんですよ、本当は。
なんでもないんですよ。
なんともないことなんです。
だってまだ学生だし(笑)

それに、

いつでも会えるんです。
いつもと変わらないはずなんです。

いつもと変わらない晴れた春の日で、
いつもと変わらない日常で、
いつもと変わらない国立で、

同居人なんてひどい風邪で、寝込んでて(笑)
何にも変わらないのに、私には特別の日で、
まるで全てが変わってしまうかのように
思える日なのです。


おかしな話ですよね?


みんな旅立つとか言うけど、
ホントは変わんなくて、
でもどこか変わるんです。
ちょっとずつ、ちょっとずつ。

OB会とか、飲み会とかで会えるし、
会ったら、会ったで、どうってことないのに、
それでも、それでも、今日という日を
特別にしなければ、節目を作って、
別れや出会いを作り出さなければ、
生きていけない、というか、作って
自作自演してる、人間、って生き物が、
私は、いとしすぎて、やっぱり泣けるんです。

いままで、色んな人の現実、リアリティを
眺めてきて、生きてきて、私は、本当に、
今に、泣けるんです。

思い出に、その人たちの思いに、その記憶に、
そして頑張りに。


だから、


自分で、すごく頑張ろうと思うんです。
その人たちに、私が今まで出会った人たちに、
恥じない人間になろう、って。

その人たちの思いを、できるだけわかれる人間に、
そしてそれを伝えられる人間になりたい、って。

だから苦手なことにも、今まで避けてきたことにも、
立ち向かおう、って、勇気になるんです。


別れなんて、慣れてるし、ほんと、
どうってことないはずなんだけど、
やっぱり思いを新たにせずには、
いられないのです。


ありがとう、
私は頑張ります。

勇気を、ありがと。
[PR]
by kame_pcaddress | 2007-03-23 22:48 | 真面目な話

らしさ。

ってなんですかね?

台湾行ってきました!卒業旅行に。
抱腹絶倒の4日間。(ってそれは置いといて。)


第一印象は

“思ったより日本っぽい。”

だって、セブンとか、ファミマとか、日本並みに
いっぱいあるし、中も日本の商品バッカだし、
日本語とか、日本のブランドとか、街に氾濫。

ま、確かに西表島とかのすぐそばだし、
そう考えると輸送するのとか、あんま手間変わんないし、
ということで、商品変わらなくても当然なんだけど、でも、
それでも多さにびっくり。だって、渋谷109ならぬ、
西門116ってのが台湾版渋谷(西門)にでーんと建ってるんですよ!
しかも中身は日本のブランドとか入ってるし!ショップ「代官山」
とかいう、明らかに代官山ではなく、B系な洋服屋とかあるし、
なぜか台湾版渋谷(西門)のすぐ隣には新宿(地名)が!(*o*)

何の予習もしていかなかったので、ただ漠然と
もっと中国っぽいもんだと思ってました(^^;)

たしかに中国っぽさもあるんだけど、でも、
日本に近いところもあり、でも、東南アジア
っぽいとこともあり、そしてもっと沖縄っぽい
ところもあり・・・

つまりそれが台湾っぽい、ってことか?
なんて思うところであり・・・

台湾では日本的なものがファッショナブルである
というような世相があるらしく、どーりで日本製品
大繁殖中らしいのですが、でも、もっと台湾らしさを
大事にすればいいのに~、なんて思ってもみたり。
でも、その“台湾らしさ”ってのが何なのか、それが
やっぱりわかんなかったり・・・

私の中国人の友達ははほぼ全員
「台湾は中国の一つの省だ。」って思ってて、
台湾人の友達はほぼ全員「自分は台湾人だ。」って思ってて、
そして私も「台湾は、台湾だ。」って思ってて・・・

でも私はその台湾らしさを、どれか自分の知っている
大き目の国や、地域に結び付けようとしていて、でも、
それはやっぱりできなくて、何だかそういうこじつけに
自分的にも、国家という括り的にも限界を感じた。
当ったり前だけど、きっと彼らは彼らなんだ、って。
それはもちろんきっと日本も、私も。


「らしさ」って何なんですかね?


私は、他人に、自分に、「らしさ」を
強制したくはないなぁ、って。
[PR]
by kame_pcaddress | 2007-03-18 00:24 | 真面目な話

いでおろぎー。

ってそんな大したものではありませんが。



最近の日課は、同居人に
インターン先及びアルバイト先なんかのグチをこぼすこと。
および日々の疑問を議論すること。ま、彼女もドクターですし。

そんなことを繰り返してて思うのは、やっぱ、なんか「中立」って
ありえないんだなぁ、なんて当たり前のこと。だけど、今まで
気付かないフリしてたこと。

昨日なんかはほぼディベート状態で、テーマは
「早期英語教育の是非について。」

   私:賛成     彼女:反対

という当初の構図。私は自分の意見ができるだけ
中立的でリベラルで、もっともらしいように論を展開
しようと無意識にムキになったけど、相手の意見を
聞けば聞くほど「なるほど」。彼女も次第に論が先鋭化
してくるし、私の意見にも耳を傾けてくれる。

私なんか専門じゃないし(彼女は教育社会学)、
なんか最低だけど、思わず私自身のリアリティに
沿って話をしてしまう。ほんと、最っ低だけど。
でも、やっぱり相手にも同じ傾向はあって、
コレじゃ永遠平行線。

何かホント、似てるようで、人って全然違うんだなぁ、
って感心するし、一方で、もちろん個人的な体験も
大事だけど、ある程度他者の現実にも気付きたい、
って思う。で、分析するために、やっぱもっと勉強
しなきゃなぁ、って。


道のりは果てしないです、ハイ。



あ、ちなみに卒業確定しました!
イヤッホィ♪
[PR]
by kame_pcaddress | 2007-03-11 23:06

声は、届きますか?

覚えてますか?

先週、国会の予算審議が午前4時まで
長引いたの。何十年振りかのことだったらしい。

あぁゆーのを「スケジュール闘争」って言って、
国対政治時代の偉大な遺物だそうです。

牛歩戦術とか懐かしいけど、そんなのと同じで、
通過確実の法案でも遅らせることで、みんなの
スケジュールを攪乱し、野党の抵抗姿勢を表明する
のだそうです。

結果は見えてるけど、無駄な抵抗ってやつです。

いい迷惑。

そんな抵抗姿勢表明して
誰にアピールしたいんでしょう?
何を伝えたいんでしょう?

私には、伝わらないよ、少なくとも。
分かったのは、野党への失望だけだよ?
もっと他に方法があるんじゃないの?


そんな昨日、議員会館の前で共謀罪のデモを
している一団の前を通り過ぎた。

彼らの主張は、すごくは同意できる気がする。

でも

彼らの声は議員さんに届いてるのかな?
彼らはそれで、伝わってると思ってるのかな?

ねぇ、それじゃ伝わらないよ。
ねぇ、それじゃ変わらないよ。
なんにも変わらないよ。

声は、届かないよ。


ねぇ、もっと他の方法ないのかなぁ?
でも、それが私には分からないよ。

ねぇ、そう言いながら、何もしない私は、
やっぱりただの臆病者なのかな?
[PR]
by kame_pcaddress | 2007-03-07 23:51