<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

コウフク論。

確信。

おそらく今が今後の人生で一番暇。一番自由。
時間的に。自分のためだけに時間を使えるということが、
私にはこの上ないシアワセです。

好きな研究(といっても昨日先生から「卒業できないよ」といわれましたが。)
というか、調査をボチボチやって(既にぼちぼちやっている時期ではないが^^;)
その合間に好きな本を読んで、新聞読んで、また好きなことが、やってみたいことが、
読んでみたい本が、沢山積みあがっていって、冬眠支度に図書館で今の研究とは
非本質系の本を借りれるだけ借りて、ついでにBookOffとかでさらによく売れた系の
小説なんか買ったりして。それが家のコタツに山となって。

そんでさらに適度に仕事して、人に会って、飯食って、寝て。

そういうことが、本当に幸せです。

そして、こんな贅沢な時間の使い方はおそらく今後20年くらいは不可能だと思います。
確かに院には行くし、まだ学生ではあるんだろうけれど、それでも勤しまなければならない
課題は学生なりにあるわけで、きっと今ほど自由ではないわけで、そして働き始めると
さらに私の時間は誰かのために販売されていくわけで。

じゃあ、そうやって時間が自分のためだけじゃなくなっていくのが嫌か、といわれると
そうでもないわけで、やっぱり私には社会に出ることに何らかの希望があるわけで、
今はこの上なく大事ではありますが、これを永遠に続けるほど根気もなく、私は飽き
っぽいわけで、そういうわけで、やっぱり今は大事です。

消えてなくなってしまうからこその美しさや、愛おしさを、
今はとても大事にしようと思います。

そう思うと、本当に幸せです。



なんだか日本人っぽいですかね?
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-12-27 12:35

ピノチェトと自民党と。

ピノチェト、死んじゃいましたね。
ってもう3日くらい前だけど(^^;)

べつにピノチェトに思い入れはないんだけど、
てか、あったらそれなりに問題だろうけど、
ピノチェトで思い出したこと。

経済成長と政治体制。

コロンビア人の友達が言っていた。
チリはその昔、てか最近までピノチェトなんかによる
独裁政治が続いてて、いわいる粛清なんかに代表される恐怖政治。
しかしながら、経済成長はボリビアなんかよりも断然上。

彼曰く、
というのも、独裁体制でその首相が自由主義経済体制を支持したから、
みんな右向け、右!と独裁者が言えばみんな右を向いたかららしい。
しかしながら、一方で一応民主主義体制をとっているボリビアなんかは
クーデターとか政権交代とか、ある意味民主主義の犠牲としてそんなことが
マジ頻繁に起こって、だから経済とか言ってる暇なく、経済崩壊→更なる政情悪化

という通説があるらしい。

インド人の友達が言っていた。
中国は共産政権による一党独裁。だから
みんな右向け、右!と共産党がが言えばみんな右を向く。
しかしながら、インドは一応世界最大の民主主義国家(人口的に)。
だから意思決定がバラバラ、というか意思決定に時間がかかる。
ある意味民主主義の犠牲として。だからインドも経済成長すごいものの、
やっぱり中国には劣るんだと。

そんな通説があるらしい。

よく考えてみれば、私の足元のお国も戦後60年間
ほぼ変わらず独裁体制。そして奇跡と呼ばれる経済回復。


確かに文の接続および因果関係として
怪しい、もしくは「?」ってとこは多々あるものの、
アイデア的には分からなくもない話。


経済が先か、政治が先か。
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-12-13 22:43

問題は。

データの不在ではなく、
言語だということが判明。


ここ3日ほど、
卒論使用のデータがないとあえいでおりました。
しかしながら、オランダ統計局はしっかり用意していた模様。
しかしながら、90年代以前の時系列データはすべてオランダ語。





はい

がんばります・・・・






そして更なる問題は、やっぱり必要なデータのコア部分は
ないのではないか、という疑惑。

医療データはなくても、労働関係のデータは、
結構充実しているのですね、日本・・・ぬぉっ(´△`)
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-12-12 21:28

今日は。

OB会でした。
電車が遅れました。

国立駅で人が線路に進入し、
市ヶ谷駅で人がホームから落下し、
御茶の水で人が電車に当たったそうです。


そして私は終電です。


師走、ですね。
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-12-09 00:38

名言。

友曰く、



         「仕事は、自分ど真ん中をカスるくらいがちょうどいい」






すごい納得。

ちょっと悲しいけどね(^^;)
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-12-06 20:26

さ、

寒っ・・・(´×`)
どうしてこんなに寒いんだ!日本の冬!!!

よかったこと@オランダ
確かにオランダは寒いんですよ、圧倒的に、東京より。
特に冬に日光なんて拝めないし・・・


でもね、でもね、北海道とかとおんなしで、
寒いけど、屋内はあったかいんです。
なんせみんな寒い、ってわかってますから。
どこに行ってもセントラルヒーティングで、廊下まで暖房。

でも、日本は寒い。屋内が。
朝起きたら、なぜか窓辺に結露が・・・
室内で息が白いんですけど・・・(--;)


四季がはっきりしてるのも、こういうところが難点・・・
ま、私がリッチになって東京でもセントラルヒーティングしてる
家に住めばいい、って話かもしれませんが・・・


いつになるんだか・・・
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-12-05 15:06

気のせいですか?

Do look back the NL again
ということで、

気に食わなかったこと@オランダ
「そんなに家族が好きですか?」

何の根拠もなく私が勝手に憤ってただけだから、
気のせいかもしれないけど、なんか、みんな、向こうの人は主張したがる、
「家族」のことを。というか何かにつけて話題にする。親、兄弟・姉妹のこと。

言ってやりたい。

「私、あなたの家族なんかに興味ないです。どんな家族構成か、なんて、
どうでもいいです。それよりあなたの個人のパーソナリティとか、どんな
考え方なのか、とかのほうが100倍興味があるし、私には重要です。」


そんでもって、初対面とか、話題に困ったら、必ず「兄弟はいるの?
どこにいるの?何してるの?」って聞かれる。最悪なのは、親の職業とか
結構平気で聞いてくる。


身分調査ですか?


私はそういうの、大っ嫌い。死んでしまえ。


家族を大事にすることは否定しないけど、どうして世界はそれ中心に回らなければ
ならないのでしょうか?どうしてそれが当たり前の前提のようにして受け入れられ
なければならないのでしょうか?強制ですか?残念ながら私にはそういうの、受け
入れられません。そんなに無邪気に語れません。信じれません。すいません。


と、いうことで、コレは文化の違いなのでしょうか?
それとも私の気のせい?


で、同居人(ドイツ留学経験あり)に同じ質問をしたら、
おもいっきり同意してくれました。確かに向こうの人は
何かにつけて家族を話題にする、って。そして彼女曰く、
「個が強いから、逆に家族の強さを強調・主張しないと、
人格とか、アイデンティティとか、支えられないんじゃない?
日本はいわゆるムラ社会じゃないけど、国とか地域とか
共同体がまだ比較的存在してるから、そういう意味では
家族がユルくていいんじゃない?」
とな。


う~む。
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-12-04 23:30

Do look back again。

風邪が治ったら元気になりました。
人間は単純だ・・・(--;)

てか、アタラシイアシタとか言いながら、
センチメンタルな自分もどうかと思いますが・・・

ちょっと時間もあるし、ということで、
去年の今頃は何してたんだろー、ってことで
ブログを読み返す・・・勢いでほとんど全部読み返す・・・
この投稿で235件目。意外と数更新してるもんですが、
中身はほとんど覚えてるもんですね(^^;)
全然意外な投稿とか、発見、ないし、自分。

去年の今頃は、というと、相変わらず試験勉強に
終われてて、家に篭っていた・・・

ほんと、成長しないんだなぁ、これが(笑)


私には基本的に、自分的に大嫌いなものがあって、
それをどうにか克服したいと思って、ここ数年、
えっちらおっちらやってきたつもりだったけど、
目の前の課題や文化の適応やらで忙しくって、
やっぱり放置。

で、やっと日本に帰ってきて、思い出した
ように登場。進化しない・・・

多分世間一般的にはどーーーーでもいい
些細なことなんだけど、いつまでたっても
自分のなかでゴリゴリ・・・。困ったモンです。
人に、自分に、優しくなりたいです。


ちなみに、新しい仕事を始めました。日本への社会化第一歩!
久々で、なんかとっても新鮮。勉強バッカしてないで、やっぱ
ああいうこともしないと、なかなかいろんなことを忘れてしまい
がちです。
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-12-03 22:10