<   2006年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

明日は試験。

私の友達はパリジェンヌで
私の滞在中、ずっとアテンドしてくれて、私の些細な疑問にもしっかりちゃんと
答えてくれた。当たり前だけど、パリのこと、フランスのこと、フランス人のこと、
よく知っていて、よく話した。彼女にしたら、10回目以上になるルーブルにも、
3回目だというエッフェル塔にも、文句も言わず、飽きもせず、連れて行ってくれた。
そして説明してくれる彼女はオランダにいるときより、何だか生き生きして見えた。
(オランダで向かいの寮にすんでたのさぁ~☆)

説明しにくいんだけど、とても、自分の街が、国が、人が好きで、誇りを持ってるん
だなぁ、っていうのが、伝わってきた。確かにパリは文句なく、誰が見ても美しく、
すばらしい街だと思う。

でも、私が一番好きになったのは、その街を愛している私の友達であり、
パリの人たちなのだなぁ。と思う。文は体をあらわす、って言うけれど、
街は人をあらわすんじゃないかと思う。

好きなものを好きだと、素直に言える人間になりたいし、
日本もそんな風に、愛される国になればいいなぁ、と思う。
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-28 23:18

処女信仰、パート2。

ポルトガルでは、

結婚するとき、女はみんな処女らしい。
というか、正確に言うと、

“処女”ということになっているらしい。

(ポルトガルは敬虔なカトリックが非常に根強い国。
ちなみにヨーロッパで唯一、中絶も認められていない。
だからみんなスペインで中絶するらしい。ま、おもいっきり
違法なんですが・・・。)


アメリカでは、
結婚するまで処女でいる、ということが流行らしい。
ということで、それに乗じて、思わず事故的に不運にも
処女を失ってしまった乙女のために、処女を取り戻す
クラブがあるらしい。そこでは教会の儀式みたいなもので、
正直にそれまであった性体験を告白すれば、許してもらえて、
また処女に戻れるらしい。精神的に。外科的処置は一切なし。

私:「それって、周りに自分は処女じゃない!って宣言してる
   ようなモンじゃない?意味あるの?」

友:「他人がどう思うなんて関係ないのょ。要は本人の心の
   問題!心の!」

私:「はぁ。(納得)」
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-26 00:16 | 雑・オランダ

二。

コール・キッドマンが結婚するんですってね。
なんでもニュージーランド生まれのオーストラリア育ち
のカントリーシンガーと。ニコールもオーストラリア育ち
だとか。初めて知った。おめでた☆

てか、そんなことはどうでもよくて、
一つ不思議なこと。

みなさんサイエントロジー(scientology)ってご存知ですか?
私はこっちに来るまで知りませんでした。なんでもニコールの
前夫で、日本でもと~っても人気のあるトム・クルーズが入れ
あげてる宗教なんだとか。自分で公言して、戦闘的活動家(?)
とまで言っているらしい。だからアメリカはもちろん、なんだか
サイエントロジーも、トム・クルーズがその活動家だってことも、
一般的に世に知られていることらしい。別にトム・クルーズの
ファンでなくても。実際友達の間で知らなかったのは私だけ・・・(^^;)

で、サイエントロジーには一般の人が理解できないスピリチュアル
なことが多いらしく、(例えば妊娠中の女性は一切喋るな、とか)
それが原因でトム・クルーズの人気はないし、ニコールも
「頭がオカシィんじゃないの?やってけねぇ」って別れたらしい。


これって日本でも有名なことなんですかね?
って知らなかったの私だけ?私だけじゃないとしたら、
なんで日本じゃ有名じゃないのかね?トム・クルーズ
は日本でも人気があると思うんだが・・・
MI3なんかの宣伝やってる場合か?
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-24 20:51

え?

ご愁傷様です。W杯。


もうハラハラしながら試合を見なくてすむ、
と思うと、スッキリしたのは私だけでしょうか?

そんな私もBBCOneにてちゃっかり観戦。
ま、BBCはもろブラジルフォーカスでいかに
彼らがcrappyなチームに仕上がったか、
ってことに終始してたんだが。

そんな中での解説の一節。
「数年前、横浜の~杯でリバプール(英国)とリオデジャネイロ(ブラジル)
 が世界一のチームを争った際、日本のローカルのサポーターの80%は
 リオをサポートしていました。」(←でも今は、と言いたいらしい。)


                 
    
                 え?




              嫌味ですか(笑)?





ってなんでそのとき日本はブラジルファンが多かったのかね?
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-23 09:23 | 雑・オランダ

なんにもない風景。

絶対まとまりのない文章になること間違いなし、
という自信とともに書き始めております。
ので、読み苦しくってもご容赦を☆


悲しかったこと。

ハンガリーからルーマニアに抜ける列車に乗ったときのこと。
車窓からは何にもない風景。本当にな~~~~~~~~んにもない。なくはない。でもあるのは冬の枯れた平野。牧草地なんだか、畑なんだか、ホントになんでもない平野なんだか。ただただ、だだっ広い風景。
 確かに高校のときも、北海道に行って何にもない風景に出会って感動した。でもそれは10分足らずで、何かある風景に。でも、このときばかりは30分たっても、ときには1時間たっても同じような何にもなさ。本気でここでガス欠でもしたら、死ぬなって恐怖を覚えるほど。最初は何にもなさに感動して、次はガス欠の恐怖に怯え、怯えても乗客みんな道連れだし、しょうがねぇや、って開き直ったら、今度は日本の猫の額ほどの土地の農業がこんな大規模な農業にかなうわけないや、って日本の将来を悲観して、で、最後にはなんだか無性に悲しくなった。
 別に日本の農業の将来に悲しくなったわけじゃなくて、こんなに自分の手の届かない場所が、世界が、あることが悲しかった。私は一生この一駅一駅に住んでいる人たちの生活や感覚に近づくことはないだろうなぁ、と思った。ここにいる人たちを理解することも、またその必要もないだろうことが悲しかった。何にもない風景。きっと大昔のモンゴル人とか、ハンガリー人の祖先とか、ジプシーたちはこの平野を渡ってきたんだろうなぁ、と思った。思っても、彼らの感覚には近づけなかった。近づけるわけがなかった。それがやっぱり悲しかった。

私はいっつも両手一杯広げて、できるだけ、なんでもわかりたい、って思っていた。
日本にいるときだって、いつも何かを分かりたい、そこら中に手当たり次第、興味の
あることをつっついて、知ることを消費していた。そうすれば、何か自分にもできるん
じゃないか、と思っていた。否、むしろ確信していた。自分は何でも分かってる。自分
には何かできる、って。何かを変えられる、って。権威欲と自己顕示欲は人一倍。

でも、分からないことは本当はホントに一杯あった。どう背伸びしても、手を広げても、
いくら体がデカくても、無理なものは無理だった。

で、ポーランド、ウクライナに行ったとき、また同じ風景に出会った。
分け入っても分け入っても青い原。今度は夏だったから、菜の花畑だったりして、カラーがあったけど、それでも何にもない平野。これまた気合の入った何にもなさ。再びガス欠の恐怖に怯え、開き直り、何にもなさに慣れちゃって、どうでもよくなって、いいお天気に爆睡。

そしてまた、フランスでも何にもない風景に、こんにちは。
「フランスにもあるのかよ!」とツッコむ以外ない。もはやあきらめ。悲しくすらない。


分かったつもりでいても、分からないことは沢山あるし、分からなくてもいいことも沢山あると思う。その昔、誰かが私に言っていた。「何でも経験はできるけど、経験は自分で選ばなきゃいけない」って。誰が言ってくれたのかは忘れたけど、今はその意味が分かる気がする。なんでもできるけど、なんにもできない。つまりは単純に、私ってちっせぇなぁ、ってこと何だと思うけど(笑)

当たり前なんだけど、ある意味とてつもなく悲しくて、ある人にとっては自殺しかねない要因だと思う。ある意味とても危険で、他人への非情な無関心を招きかねないと思う。

でも、私はそれでも今は何となくいいと思う。何となく軽い気がする。
説明はしにくいんだけど、軽くって、なんだか楽しめる気がする。
あきらめから始まる関係があってもいいように、
あきらめから始まる未来も、あっていいのだと思う。

確かに何にもできないけれど、全てを理解することもできないのだけれど、
確かに私はここに居て、生きていて、誰かも一緒にここに居て、なにかして
いて、楽しんでいて、私には私の、彼らには彼らの、役割がある、社会がある。
暇つぶしには十分です。
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-23 01:33

military service。

って日本語で言うと単純に
兵役、ってことなんだけどね。

こっちに来て知ったんだけど、
ギリシャやドイツには兵役が
あるんだってね。もちろん韓国にも。

そりゃそんなのが存在する、ってことは
聞いたことはあったけれど、やっぱり
こっちに来て友達が徴兵されたことがある
or行かなきゃいけない、って聞くと、現実味
が違いますよね。

「あ、そうか、そんなんあったか!
って、あんた行く(行った)んかい!?」
みたいな。

私は幸か不幸か、紛れもなく、戦争関連商品
アレルギー症候群なので、「徴兵」なんて聞くと
ゾッとするけど、どうなんだろうね?実際は。
学校みたいなもんかなぁ。韓国人の友達は
「いい経験だった」なんて言ってたし。

でも、経済だけ考えると、すごいコストだよね。
働き盛りの若者を1年近く拘束するんだから・・・。
あ、でも、そうでもないのかな?生産活動も
ちゃんとするのかな?どうなんだろう?

私はやっぱり、かなりダークなイメージしかないなぁ。
子供を育てるなら兵役のない国がいいなぁ、なんて。


どうなんでしょうね?
実際は。
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-20 21:12 | 雑・オランダ

お隣さん。

W杯ネタ続きですが。

ヨーロッパ人はサッカーやっぱり好きなのね。
街角で、カフェで、Barで、自分の国の試合
でもないのに、みんなテレビに釘付け。
そんでもって、誰がうまいとか、どこが強いとか、
批評しあったり、シュートに一喜一憂。

うちの寮でも、テラスにテレビを出して、
みんなでプチパブリックビューイング。
なぜかそれでも国ごとに分かれ見てるんですが。
あ、ここはフランス領、ここはスペイン、ポルトガル領、
みたいに(笑)

ゴールが決まると、どこからともなく叫び声が・・・

なんていうか、ホントにお祭り☆
確かに自分の国については必死なのかもしれないけど、
私的には「みんな兄弟」って感じ。日本で言う「試合」
って感じではなくて、やっぱり「ゲーム」って感じ。
確かに、勝つことに必死な人も一杯いると思うけど、
少なくとも私は、楽しんでいます。4年前よりは。
今日はドイツと~、フランスと~、韓国と~、
スペインと~、ポルトガルと~、っていう感じで、
毎日がお祭り。毎日友達の顔を思い浮かべながら、
「今日は~はテレビの前で必死なんだろうなぁ」
とか思いながら、テレビを見てると、やっぱり楽しい。

毎日何かのゲームが誰かとつながっていて、
ひとごとじゃない、っていうか、何だか楽しめる。


日本だけが、
勝つだけが、
W杯じゃない
のね。


意外に楽しいよ♪
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-20 16:55 | 雑・オランダ

パリから帰還。

どうしたものか、W杯。


“親しい友達が韓国人とフランス人の場合、
 どちらを応援したものか・・・”


と、思ってたら
あ、韓国がゴ~ル!


両方決勝行くといいなぁ。


てか、パリは言葉にならない。
さすがはパリです。パリはパリ、
他の何にでもないないのですね。
始めてその意味が分かりました。

んでもって、
フランス人も、その文化も、
何だかすごくかわいらしかった。
人によるんだろうけど、
私の出会った人たちや、
私の友達の話すフランスは、
とってもお茶目でいじらしくて、
自分の文化に誇りをもった、
かわいい人たちでした。
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-19 05:54 | 雑・オランダ

処女信仰。

友達(トルコ人&ポーランド人)から聞いた話。


ムスリム中には、結婚するには女は処女
じゃないといけない、っていう慣習がある
ところがあるらしい。

もし結婚後に処女じゃないことがバレたら、
殺されてもおかしくないんだとさ。その女の子。

話によると、普通は(?)
結婚式の後に、初夜(?)があって、
そのときには親族が部屋の外で待ってるんだとさ。
で、終わったら、使用後のシーツをみんなに見せて、
女のコの方が処女だ、ってことを証明して、みんなで
その初夜をお祝いするんだと。

私:「血ぃ出なかったらどうするの?」
友:「さぁ、でも男のほうは初めてかどうかはわかるっしょ。」
私:「あ~ぁ、な~るほど。」
  「?。じゃぁその場合って、男は童貞じゃない、って前提なわけね。
   何かずるくない?男はいいのに女のほうは殺されかねない、なんて」
友:「それが伝統(因習)なんじゃん。」
(私:「トルコ人が言うと説得力があるね・・・^^;」)
友:「それにそういう国じゃ、処女を取り戻す(?)整形手術があるんだよ~。」
私:「まじか!!そりゃすげぇや。まー確かに生死にかかわるもんね~
   そりゃそこまでするよ。」 


てか、処女のどこがそんなにいいんだかねぇ、男性諸君。
日本の一昔前もそうだし、成人紙とかAVもそういうの多いし。
何がいいんだか。う~ん。私には幻想にしか思えないんだが・・・。
こういうとこが男と女の断絶ってポイントかなぁ。
私は女だから(?)さっぱりわかんないや。


どうなんですかね?
男性諸君。
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-15 01:51 | 雑・オランダ

Hotmail。

てか、今なぜかHotmailとか、
特定のサイトが使えないんですけど・・・

なぜ?なぜ?な~~~~~~ぜ~~~~~~~????
[PR]
by kame_pcaddress | 2006-06-14 23:19 | 雑・オランダ