<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ごめんなさい。

9月15日(木)

今日は学校のPC labにこもってます。
隣の騒音に耐えながら、書いています(- - +)

今はいろんなことの選択で
自分がいっぱいいっぱいで、
なんかグジャグジャなのです。

今日は帰って交通整理。
なので真面目なブログは明日まで
おあずけで。
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-09-15 22:43 | 雑・オランダ

うちのばあちゃんはホリエモンに投票するんでしょうか?

9月10日(土)

私の地元は広島六区。

何がって、そう、選挙区が。
つまりはホリエモンVSしずかちゃん
で大盛り上がりなわけですよ。

これを描いているのは土曜の夜だから、
多分アップする頃には選挙の結果が出てるはず。

ホリエモンとしずかちゃんにはあんまり興味が無いけど、
うちの地元の人たちが、どんな選択をするのか、
私はそっちのほうが興味津々。

彼らはどんな未来を信じるのでしょうか?


ちなみに、うちの家族は何だか楽しそう♪

勤務先がしずかちゃん応援部隊の隊長にもかかわらず、
ホリエモンと握手をして喜ぶ母。
(ちなみにその隊長もちゃっかりホリエモンの演説聞きに来てたそうな^^;)

読売新聞の世論調査に、
「もう今年で83歳になるけぇ、難しいことはよう分からんのですわぁ」
と、しれっとボケをこく自民党員の祖母。
(もちろん母と一緒にホリエモン演説に参加。)

その様子を逐次報告してくる
父。
(公務員のため、選挙活動できずに蚊帳の外)

なんだか、微笑ましい限りです。
うちの家族は、家族間で政治思想がちょっとずつ違うので、
私が小さい頃なんかは、政治の話なんかするのはタブーみたいな
雰囲気が流れてたけど、でも、なんだか今なら、
ホリエモンとの冷やかし半分でちょっと真面目に、
お話できたのになぁ、なんて思います。

それがこっちにきての、ちょっと後悔です。

でもね、ちょっと思うのですが、話は違うかもなのですが、
私が思ったように、このホリエモン選挙でちょっとでも多くの家族が、
政治について少し真剣に話す機会が増えたのならば、少なくとも
彼がこの選挙に出た意義があるのではないかと思います。


残念ながら、その意義や効果が彼に直接よいニュースとして
フィードバックされるかどうかは別問題だとは思いますが・・・。
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-09-12 16:42

“多様性”と“無関心”の間に

9月8日(木)

9月6日(火)午後9時30分
チャリで10分。
Bar「PARDON」に向かう。

目的はAEGEE(エイシェイ)とかいう、
アイセックもどきのSocial Drinking
(要は、まったり飲み)
に参加するため。

そこで、ここに着て初めて、
オランダ人と真面目なお話をする。

でね、描きたいことは色々あるんですが、
そうするとまとまらないので、
一番「ん?」と思ったこと、書くことにします。

確かオランダの多様性について話してたときのこと。
ロッテ人の彼らは、そのロッテの国際性や、
多様性にとても誇りを持っているようでした。
でね。
一人のオランダ人さんが言いました。
「僕なんか、生まれてこの方30年位ロッテの北側に住んでるけど、
最近ロッテの南側初めてに行ったときは驚いたよ!だって、
同じ市内なのに、向こうの人が何言ってるか分かんないんだから!
同じ市内でこんなに違うんだから、EUになったからって
“多様性が失われる”なんて危惧してる人は、ほんとバカらしいよね~」
だって。

そのときは、“ふ~ん”なんて思いながら聞いてましたけど、
なんか、引っかかりませんか?
私はものすごく引っかかりました。

だってね、この人、生まれてこの方、市内の南側に
行ったことがなかったんですよ!
たとえ必要性が無かったといっても、
つい最近までずっと!

でね、九州ぐらいの大きさしかない
このオランダの中で、ものすごい都市とか街どうしで、
“違い”を強調して、張り合ってるのです。
特にアムスVSロッテとか。

なんだかアホらしくなるくらい。

でね、私はここに着て、つくづく思うのですよ。
“多様性”と“無関心”
“寛容”と“無関心”
は紙一重だと。

ただのオランダの悪口に聞こえるかもしれませんが、
まぁ、聞いてください。私の勝手な判断として。

前にも話したように、こっちの人は自分の
仕事以外の仕事は、全くしません。
知ろうともしません。だから同じ店や会社でも、
人によって言うことが全く違ったりします。

ものすごく愛想がよくて、フレンドリーではあるのですが、
知らないことは知らないで、知ろうともしません。

違うところで何が起こっていようと、
“知らな~い、私の仕事じゃな~い”って感じ。

そんなこともあって、上記のような彼の発言を聞いて、
私はツッコミたくなるのです。
「それは“多様性”というのではなく、“無関心”というのではないか?」
と。

まさにロッテの南岸で何が起ころうと、
彼らにとっては「対岸の火事」なのではないか?
と。

確かに多種多様な人種や人々が暮らしていくには、
こういった無関心が必要なのかもしれません。
(というか、ある程度必要だと思います。)



“存在を認める”ということと、
それを“受け入れる”ということは
別物なのだということを、ここでは
肝に銘じなければならないと思いました。
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-09-08 21:17 | 真面目な話

チーズケーキ、最高。

9月5日(月)

疲れてるんだよ!
ということで、またつれづれ。
私の不毛な一日。

オランダは暑いです。
しかも乾燥してて、太陽きつくて、
私のハードコンタクトは瀕死の状態です。

今日は可揚とキンデルダイクっていう、
風車の名所に行く予定が、
月曜はクルーズお休みだということに、
船着場まで行ってから気付く。

美術館見学に変更するものの、
美術館もお休みだということに、
これまた美術館の前に行ってから
気付く。

しょうがないので、
つい最近別の友達に教えてもらった、
おいしいケーキ屋さんに行く。

そこのチーズケーキ及び店の雰囲気は最高で、
2時間ほどダラダラ滞在。

その後セントラルからおうちまで
チャリで爆走。はい、疲労。

こっちに着てから、
あんま日焼けとか気にしなくなったため、
以前に比較して、コゲてること間違いなし。

なんだか小学生のような必死さで
チャリをこぐ毎日です。


※注:午前中は銀行口座をActivateしました!
    私的にはすごい進歩☆
    でも携帯保持は明日以降になりそうです(;_;)
    
    そう、そんなに不毛ではないのと言いたいのです。
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-09-06 01:41 | 雑・オランダ

チャイナ・パワー

9月2日(金)

たまには息抜きが必要。
ということで、オランダ徒然草。

昨日はオランダで生まれ育った日本人の大学生、
という方に会う。
ものすごい感じのいい方で、
思わず調子に乗って喋りすぎる・・・
(ちょっと反省^^;)

一緒に中華料理屋さんでご飯したんですが、
そのときに、改めて中国人のすごさを実感する。
どこにでもいるのですよ、彼ら。
しっかりコミュニティを築いてる。
そして飯はおいしい。さすが。

ほんと、オランダに来て、なぜか私はチャイナ・パワー
というものをひしひしと感じています。
というか、なぜだかとっても一人で中国づいています。

こっちで最初に仲良くなったのも中国のコ。
で、実はルームメイトも中国人。
で、もちろんその友達も中国人。
ついでに明日一緒にお買い物に行くのは、
台湾系オランダ人。

何だか知らないけど、回りの部屋にも、
中国人風な人たちが住んでるし、
街を歩いてもいっぱいいるし・・・

なんか可揚の話だと、
専門大学のコースの中には、
8割中国人、ってものもあるらしい。
ほんと、すごい。

で、さらに何がすごいかっていうと、
みんなマンダリン(普通語)
っていう、中国の共通語でお話ができる。
シンガポールの人だろうが、
香港系カナダ人だろうが、
台湾系オランダ人だろうが、
上海の人だろうが、
北京の人だろうが、
みんな英語だけでなく、
中国語で通じ合えちゃう。

なんか今更ながら、自分も
中国語習おうかと思う・・・
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-09-02 20:11 | 雑・オランダ