カテゴリ:真面目な話( 35 )

日記の貼り付け大会(7)~EU憲法否決の理由~

8月15日
【EU憲法否決の理由】By先生

オランダでは、外食費用がすごく高くつく。

先ず1000円以内で外食できるようなお店はない。
マックだって、ハンバーガー一個が600円くらいする。
もはやファーストフードではない。
なので、私はまず外食をしない。
(といっても着いてから一週間くらいのもんですが・・・)

普通のスーパーとかは比較的日本より
全ての商品が安いのに、なぜが外食はすごく高い。

「食文化の違いか?」なんて、ついさっきまで納得しようとしてたけど、
先生によると、どうも違うらしい。

先生曰く、ユーロ導入で全ての物価が上昇したらしい。
特に外食なんかは、2倍に跳ね上がったとか。
なんで物価上昇とユーロが関係あるのが、
白痴な私にはいまいちつかめなかったけど、
とにかくユーロのおかげで私は外食できなくなったのは確か。

でもって、これがまた、最近のEU憲法否決と関係あるらしい。

EU憲法否決の理由なんて、実は周知の事実だったりするのかも
しれませんが、恥ずかしながら私にとっては新鮮だったので、
聞いたままを書いちゃいます。

先生曰く、ユーロ導入で物価が上昇したのと、
政府が憲法導入に際して打ったプロパガンダにみんな辟易したんだとか。

もちろん他にも要因があるんだけど、
私が興味深く聞いて、記憶に残ったのはそんな感じ。
とにかく、EUにまとまると生活が豊かになると思ってたら、
そうならなくて、政府の信頼は失墜した、ってことがあるらしい。
だから、「今度はだまされないぞ!」って60%の人が反対票を投じたらしい。
政府もどうにか憲法を導入しようとキャンペーンを張ったみたいだけど、
それも逆効果だったみたいです。

実際にそのときに私がオランダにいなかったのが残念だけど、
ま、とにかく政府に対する不信が強い、
ってのは私的には面白い事実だなぁ、なんて。

だって、不信感強いわりに、税金高いなんて、
何か矛盾して見えじゃないですか。

私は政府不信と税金の高さは、反比例するもんだと思ってたので。
つまり、日本は政府に対する不信、ていうか、批判&風当たりが強くて、
その分税金は低いんだと。

ここらへんになんだか、オランダと日本での公共部門に対する考え方の違いが
現れてくるような気がして、私はワクワクします。


これからのオランダが、EUが、どうなるか、なんだか楽しみですたい♪
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-08-16 23:09 | 真面目な話

日記の貼り付け大会(6)~オランダの移民社会~

8月15日
【オランダの移民社会】By先生

アムステルダムやデン・ハーグ、我がロッテルダムの移民
(というか多分、非白人という意味かもだけど)の
人口に占める割合は50%を超えるらしい。
(オランダの国全体では10%に満たないらしいけど。)

確かに道を歩いてても、いろんな人が行き交ってるし、
大学で働いている人にも色んな肌色の人がいる。

これは私が勝手に受けた印象(感覚)で、ホントは違ってるかもだけど、
なんかここでは、ちゃんとした高等教育を受けて、
オランダ語が話せれば(←これが私なんぞにとっては最大の難関なんだけど^^;)、
多分差別されずに、というか、普通にちゃんとした仕事に就けるんだろうなぁ、
なんて思う。”Dutchさえしゃべれれば、みんなDutch。”みたいな感覚。

でもでもやっぱり、先生曰く、そんなオランダにも問題は山積みらしい。
移民の若い世代では失業が深刻だし、同時に犯罪率も高い。
他の国と同じように、ロッテでも移民と非移民の住み分けはなされてるし、
移民が就ける職業も決まってるらしい。

実際に私の住んでいるエリアは白人が多いし、治安も比較的安定してる。
でも、川の反対側に行くと、移民が多くなって、治安も悪いらしい。
先生曰く向こうには女の子独りで行かないほうがいいし、スリに気をつけるように言われた。
来てすぐにちょっとお世話になった、日本人の駐在員さんからも、
夜には一人で歩いちゃいけない(もちろんだけど^^;)
&黒人もしくはアラブ人が回りにいるときに、ATMに行っちゃいけない、
って言われた。

う~ん。

やっぱ誰でも考えうるような問題が、ここ、オランダでも起こってるようです。
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-08-16 23:02 | 真面目な話

日記の貼り付け大会(5)~オランダの年金~

8月15日
【オランダの年金】By先生(先生=オランダ語の先生です。)

オランダの公的年金給付も65歳から。

でも実際はみんな早期退職者制度をとる。
でもって、早期退職者はどうするかというと、
会社の日本で言う厚生年金(?)とかから年金貰って生活。
もしくは自分で年金の会社に運用を委託するか。

オランダでも高齢化は問題になっていて、
このままじゃ団塊の世代を支えきれないらしい。

う~ん。

どこでも同じようなことが起こってるもんですなぁ。
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-08-16 22:57 | 真面目な話

日記の貼り付け大会(4)~オランダの税制~

8月15日
【オランダの税制】Byオランダ語の先生

●オランダも累進課税制をとる。
所得税の最低税率は30%、最高税率は52%。
日本は最高税率45.5%、最低は不明。←リサーチの余地有。
(出典:「Japan2005国際比較統計集」(財)経済広報センター )

●ちなみに以前卒論の関係で調べた、両国の税のくさび。
日本:26.6%
オランダ:43.6%
(出典:OECD database “Taxing Wages”)
※税のくさび=総労働コストに対して、政府がどれくらい税金を巻き上げているか
=[所得税+社会保障(雇用者負担及び事業主負担)―政府現金扶助]/総労働コスト
※総労働コスト=課税前賃金+事業主による社会保障負担

●さらについでに言うと、両国の付加価値税(消費税)
日本:5% ← 多分絶対これから上がるけど・・・
オランダ:19%

う~ん。やっぱこれを見ると、どうみてもオランダの税金は高い。
これを見ると、いくら日用品が日本と比べて割安、
って言っても、可処分所得からすると、生活は大変なのかもしれない・・・。

こんなにオランダ人が税金払ってるんなら、
大学生がかなり優遇されてるのも納得かも・・・。

ちなみに可揚によると、中国ではみんな、
自分がどれくらい税金取られてるか知らないらしい。

う~ん、これもまた不思議。

更なるリサーチが必要ですな。
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-08-16 22:54 | 真面目な話

日記の貼り付け大会(3)~オランダ学生事情~


一気に更新したら、
嫌われるんだろうけど、してしまいます。

ちなみにカテゴリ作りました。
オランダ徒然草は「雑・オランダ」
真面目なオランダ事情は「真面目な話」
(公共部門に関することが多くなる予定。専門なので。)
です。また増やすかもですが、暫定的に。


8月15日
終戦記念日ですね。

今日はオランダ語コースのみんなとセントラルにexcursion。
そこで友人(中国人の留学生で彼氏はオランダ人:可揚)
と先生からオランダについていろんなことを聞いた。&実際見たりもした。
ので、その報告。

【オランダの大学生】By可揚

飲み会の下ネタ。


それ以外にも万国共通の事象があることを今日、確信。

それは大学の“新歓”。

オランダは9月が新学期。もちろん私の通う
エラスムス大学も御多分に洩れず、これからが新歓の季節。

そして、それが今日、始まったらしい。
Eurokaweekとかいって、
これまでvacationで静まり返っていた学校が、
人であふれ始める。外の広場で新入生が輪になって、
上級生の指導の下、何かのセッションを始める。
違う場所では、「どっかの観光バスツアーかよ」って
つっこみたくなるような、旗を振りながらのキャンパス案内。
上級生はジュースや冊子を配ったり、
サークルの制服を着たりして、
なんだか歓迎してるんだか、勧誘してるんだか・・・。

日本ほどその勧誘の様はあからさまではないものの、なんだか空気が若い。

その後、私が語学の授業を終えて、家に帰宅していると(6時前頃)、
新入生と思しき若人達が近所のバーを埋め尽くしている次第・・・。

あー、若い、っていうか、バカバカしいっていうか、うらやましくもあるって言うか。
あのよそよそしさにノスタルジーさえ感じてしまう・・・。

どこにいっても、あの“新歓”独特のそわそわした感覚と、
crazyな日々は変わらないらしい。

これが今週、ずっと続くようです(汗)。


ちなみに、これに関連して、オランダの学生事情を少々。
紹介してくれたのは、中国人留学生の可揚。
オランダ語コースを一緒に取ってて、仲良くなる。
両親は今、東京にいるらしいけど、基はと言えば、上海っ子。Shanghainee。
彼氏はオランダ人。エラスムス大学Business Managementで今年が2年目。
つまりオランダ歴は私の一年上。おかげでいろんなことを教えてくれます。

で、オランダの学生事情。
オランダの大学は、基本的に日本や中国ほど入るのが難しくないらしい。
アメリカのスタイルっぽいが、彼女曰く、授業もそんなにハードじゃないらしい・・・。
じゃ、どこでスクリーニングするんだよ、って話だけど、そこはまだ解明されず。
今後の課題。

でもって、オランダ人学生はすごく優遇される。
何が、って、何しろ、公共交通機関が全てタダ。
メトロも、バスも、トラムも、列車も。全てタダ。
その上、月々200ユーロくらい政府から、
もしくは自治体から補助が出てるらしい。
この勢いだと、多分学費もタダなんじゃないかと思う。
(確信はないので今後の課題。)
ほんと、うらやましい限り。私がオランダ人なら、
行く目的が無くたって、絶対に大学生になる。

ちなみに、こっちの大学生もアルバイトをするらしい。
映画館のチケット係だったり、スーパーの店員だったり、
テレオペレーターだったり、事務だったり。
つまりはうちの大学(一橋のほう)と
あんまり変わりはないらしい。

なんだか親近感、って言うか、拍子抜け、っていうか。
他の国だと(まぁ、大学にもよるんだろうけど)、
大学の勉強自体がすんごい忙しいとか、
お金持ちの人しかいないからアルバイトするような人はいない、
とか聞いてたから、なんだか逆にびっくり。
そういう意味では、オランダは日本に近いのかなぁ、なんて。
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-08-16 22:51 | 真面目な話