日記の貼り付け大会(6)~オランダの移民社会~

8月15日
【オランダの移民社会】By先生

アムステルダムやデン・ハーグ、我がロッテルダムの移民
(というか多分、非白人という意味かもだけど)の
人口に占める割合は50%を超えるらしい。
(オランダの国全体では10%に満たないらしいけど。)

確かに道を歩いてても、いろんな人が行き交ってるし、
大学で働いている人にも色んな肌色の人がいる。

これは私が勝手に受けた印象(感覚)で、ホントは違ってるかもだけど、
なんかここでは、ちゃんとした高等教育を受けて、
オランダ語が話せれば(←これが私なんぞにとっては最大の難関なんだけど^^;)、
多分差別されずに、というか、普通にちゃんとした仕事に就けるんだろうなぁ、
なんて思う。”Dutchさえしゃべれれば、みんなDutch。”みたいな感覚。

でもでもやっぱり、先生曰く、そんなオランダにも問題は山積みらしい。
移民の若い世代では失業が深刻だし、同時に犯罪率も高い。
他の国と同じように、ロッテでも移民と非移民の住み分けはなされてるし、
移民が就ける職業も決まってるらしい。

実際に私の住んでいるエリアは白人が多いし、治安も比較的安定してる。
でも、川の反対側に行くと、移民が多くなって、治安も悪いらしい。
先生曰く向こうには女の子独りで行かないほうがいいし、スリに気をつけるように言われた。
来てすぐにちょっとお世話になった、日本人の駐在員さんからも、
夜には一人で歩いちゃいけない(もちろんだけど^^;)
&黒人もしくはアラブ人が回りにいるときに、ATMに行っちゃいけない、
って言われた。

う~ん。

やっぱ誰でも考えうるような問題が、ここ、オランダでも起こってるようです。
[PR]
by kame_pcaddress | 2005-08-16 23:02 | 真面目な話
<< 日記の貼り付け大会(7)~EU... 日記の貼り付け大会(5)~オラ... >>